間違いを信じている-21

憲法改正論議が活発になっている。
 大日本帝国憲法・明治憲法が敗戦によって、日本の基本秩序を大幅に変える日本国憲法に。
 第二次世界大戦の敗北で基本的な社会秩序が英米流の憲法によって変えられた。日本のルールが英米のルールに変更となった。 
 この大変化はいまだに混乱の原因になっている。戦前と戦後では価値観が激変、教育機関での教えが変化に変化を重ね、現代社会では古い考えと新しい考えが相容れない状況が続いている。
 いつの時代も勝者は敗者の秩序を勝者の傘下に置く。間違っていてもそれが正しいと言うことだ。