水道管の内側に「発がん性物質」の衝撃データ


週間ポスト(2010/9/3号)に掲載されました

水道管のさび止め塗料(エポキシ樹脂) 『MDAとは』
水道管のさび止め塗料を早く乾燥させる硬化剤のことで、健康面で有害な発がん性物質。
人体において各種障害をもたらす恐れがある。

*発がん性物質MDA対策なら今すぐ対処可能です
私達が『今すぐできる方法』を提案いたします。

ふだん飲みなれている水道水に、発ガン性物質が溶け出しているとしたら...
錆びた水道管の分析からわかった、衝撃の事実!
アメリカではその危険性のために使用が禁止された、水道管のサビ止め塗料に含まれるMDA(メチレンジアニリン)。この発ガン性物質が、日本ではなぜ野放しになったままなのか? 私たち生活者は、一体どうすればいいのか?
---今なら、まだ間に合う! 水の安全を取り戻すために書かれた、渾身のドキュメント大作。


2010年6月26日 中経出版

*水道水の放射性物質は怖くない!野菜の放射性物質は怖くない!
私達が『今すぐできる方法』を提案いたします。
「安心1」-もし万が一、水道水に放射性物質のヨウ素が入っていたら、濾材を使って取り除くことが出来る。
「安心2」-もし万が一、野菜に放射性物質が付着していたら、水道水の界面活性力を2.5倍以上高くして、洗い流すことが出来る。